Leptonで英語を始めよう! イメージ画像

Leptonのあれこれ

今日は朝から新幹線に乗って名古屋へ。Leptonの全国勉強会があり、11時に名古屋という強行軍。でも、名古屋は近いなぁ…と最近感じます。というのも、東京駅から新幹線で1時間40分。一寝入りしたら着いてしまう時間ですし、ちょっとお弁当でも食べて、ちょっと本でも読んで

Leptonのテキストには、「Reading」のテキストが各シリーズ用意されています(無いシリーズもあります)これは、単に単語を覚えたり、フレーズを覚えるだけでなく、一つの文章の中でどう使われて行くのかを学ぶ必要があるからで、いわゆる「使えない英語」にならないように工
『Reading』の画像

Leptonのテキストには、全巻・全冊、CDが付いています。授業で使うCDですが、毎回持ち帰ってもらっています。というのも、「聴きたくなりませんか?」 ある意味、家でも復習が出来るようになっているのです。MP3という形式で保存されているので、普通の再生機では確か再生
『CD』の画像

上野桜木教室には、現在、レプトンのチューターの有資格者が、塾長と副塾長。2名います。Leptonは誰でも指導できるかと思いきや、ちゃんと主宰会社が認定した「Leptonチューター資格」を持っている指導者が常駐していなければ開講が出来ません。この認定も、ちゃんと7時間以
『レプトンのチューター』の画像

☆レプトンは、私立小学校にも導入されています!☆神奈川県藤沢市にある私立 湘南学園小学校様でも、アフタースクールの英語学習プログラムとして、レプトンが開講されています(※在校生限定)。http://www.shogak.ac.jp/elementary/after_blog/14002学校現場でも取り上げ

レプトンのキャラクター。かわいいですよね。当塾の塾長がレプトン導入を最終的に決めたのは、このキャラクターデザインの秀逸さにあったと言います。いろんな英語教室に、いろんなキャラクターがいますが、この象さんのように「デザイン」として出来上がっているものはとて
『レプトンのキャラクター』の画像

レプトン運営本部が発行する保護者向けの無料ニュースレター『レプトンタイムズ』、最新2014年9月号のタイトルは、「英語学習が続かない」です。 英語は、水泳やピアノと同じ技能教育です。 時間をかけて学習していけば、英語は必ず上達します。しかしながら、お子さんが途

Leptonのグッズはいろんなものがあります。中でもカワイイこのTシャツ。他の教室では人気があるようで、それならば…と、ひとつだけ教室に取り寄せてみました。象さんマークなのかと思いきや、何とフォニックスなんですね(笑)楽しい教室を作るには、それなりに盛り上げ用の小
『Tシャツ』の画像

Leptonは、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能のバランス学習を徹底しています。ここが巷の英語教室とは大きく異なるところです。学習系の英語教室ですと、「書き」「読み」はある程度出来るようになりますが、「聞く」と「話す」がほぼありません。最近では音声を使
『Leptonの主なメリット』の画像

LeptonはCD教材を聞きながら、指示に従いながら進めて行く自立学習型の英語教室です。「今時CDなの?」などと思われるかもしれませんが、意外や意外!CDの方が映像よりも語学習得には有利に働きます。英語に限らず、語学は「音声」が先です。いくら文字で読めても、発音出来
『CD』の画像

「やっぱり夏期講習を…」通常授業だけを受講しようと思っていたお子さんが、こう言って講習を申し込みにいらして下さいました。聞けば、「楽しい」のだそうです。お母様もやりたいくらい…と。うーん、大人のLeptonもあるといいですねぇ。いきなり外国人講師とのレッスンと

Leptonのテキストはとてもカラフルに出来ている中級までの7段階(45冊)と、楽しげなキャラクターのテイストは残したシンプルなデザインの上級テキストが4段階(36冊)と全部で11段階、81冊あります。81冊と聞くと「えっ、そんなに!」と思うかもしれませんが、もともとLeptonは

ROBOTはBIRDでしっかり単語とフォニックスを学んだ生徒が挑戦する会話文のテキストです。文章の形態は初めてですので語数が短いものが選ばれていますが、それでもなかなかの難関になっているようです。 1日分とされている範囲で新出の文章が3〜4文。What's your name?のよう

アルファベットを身につけた生徒が次に取り組むBIRDのテキスト。語彙を増やす単語ばかり出てくるテキストなのですが、フォニックスという綴りと発音のルールも一緒に身につく優れもの。確かに動物、野菜など同じ類のものを集めるのも楽しいですけれどね。でも実はそれって後

「小学校からTOEIC®Test」と謳っている以上実際に小学生に受けて頂きたいのですが、なかなかそうはいきません。なぜなら、TOEIC®Testがビジネスシーンでの会話等の大人のシチュエーションで問題が作られているため、子どもには理解出来ない内容が多いのです。さらに2時間

こちらのレプトントートバッグ、入会者にプレゼントしています!桜学舎に通う生徒で普段は違うバッグなのに、レプトンの日はこのトートバッグで通っている子もいます。とにかく目立つ!レッスンが終わった生徒を教室の入り口から見送った時、薄暗い夕方でもよく見えていました
『レプトンバッグ』の画像

Leptonのテキストは「スパイラル方式」で作られています。スパイラルとは螺旋という意味でぐるぐる渦を巻く感じです。教材のコンセプトでよくある「階段方式」は一つ一つ新しい事を学んでいくイメージです。一方「スパイラル方式」では、ぐるぐると渦を巻いて新しい事と既に

現在Lepton上野桜木教室ではほとんどの生徒がBIRDのテキストに取り組んでいます。BIRDは英単語の語彙を増やしていくテキストです。1日分で5単語前後新しいものを学びます。その順番はアルファベット順ではなく、フォニックスのルールに則ったグループ分けされた単語ごとに出
『BIRD』の画像

このLeptonのキャラクター、可愛いですよね。子供心をグッと掴む素晴らしいデザインだと思います。Leptonを導入する際の理由の一つにもなっています。キャラクターはこのELEPHANT以外にもテキストの進度別に11のキャラクターがあり、本部が開催した人気キャラクター総選挙でE
『ELEPHANT』の画像

LeptonにはLept-on-lineという自宅PCでゲーム感覚で復習出来るコンテンツがあります。毎レッスン後、進捗具合を本部のシステムへ入力しています。その内容が反映され、学習したページまでの内容をオンラインで復習出来るのです。Leptonのレッスン自体ゲームのような要素はあ
『Lept-on-line』の画像

Leptonのテキストに「Lepton practice」という録音するコーナーがあります。その日に習う単語を綺麗に発音して録音しようというところです。生徒にはCDの正しい発音をそのまま真似するよう指導しています。しかしcatのように既に知っている言葉は「キャット」となってしまう

こちらはシールをためてもらえるプレゼントの一つです。入会時に右下の象のLeptonマークのものは貰えますが各キャラクターごとのものもあります。まだこの缶バッジをGETした子はいません!誰が一番になるかなぁ。
『缶バッジ。』の画像

例のキャラクターシールが50枚溜まった生徒のものです。二段目からのオレンジに執着した感じが個性たっぷりです。本人曰くジャイアンツカラーだとか。プレゼントは特別にジャイアンツカレンダー。本人大喜びです。次にプレゼントをもらうのは誰でしょう?
『50枚!』の画像

Leptonではレッスンが終わるとこのようなシールをあげています。テキストの進度別のキャラクターのシールなんですが、特に進度に関係なく好きなシールをあげています。通帳型の台紙に貼っていくのですが、生徒によって集め方がいろいろで面白いんです。同じものをずーっと集
『Colorful!』の画像

↑このページのトップヘ