Leptonで英語を始めよう! イメージ画像

2013年11月

何が面白いかは個人の主観ではありますが(笑)、ここでは私が面白いと思った表現を紹介します。・after you → お先にどうぞ 直訳であなたの後に(私は行きます)。レディーファーストの文化の現れでしょうか。・make it two→それを二つレストランなどで「私Aランチ」の後に

仲良し2人組みが背中合わせでレッスンでした。どこまで進んだだの、シールは何枚貯まったかなど楽しそうに競い合っています。この子たちのテキストは「BIRD」で単語とフォニックスを学習中。ふと、この子たちが中学校に入るまでに一体いくつの単語を習得しているんだろ
『レッスン風景』の画像

こちらのレプトントートバッグ、入会者にプレゼントしています!桜学舎に通う生徒で普段は違うバッグなのに、レプトンの日はこのトートバッグで通っている子もいます。とにかく目立つ!レッスンが終わった生徒を教室の入り口から見送った時、薄暗い夕方でもよく見えていました
『レプトンバッグ』の画像

Leptonのテキストは「スパイラル方式」で作られています。スパイラルとは螺旋という意味でぐるぐる渦を巻く感じです。教材のコンセプトでよくある「階段方式」は一つ一つ新しい事を学んでいくイメージです。一方「スパイラル方式」では、ぐるぐると渦を巻いて新しい事と既に

本日桜学舎Lepton上野桜木教室で初めてのJET検定が実施されました。今回は入門級の9-10級を小6生が、英語学習期間4~6年間の生徒対象の1-2級を中3生が挑戦しました。JETはビジネスシーンを素材としているTOEICと違い、受検対象者の年齢などを考慮し、学校生活・キャンプ・誕

現在Lepton上野桜木教室ではほとんどの生徒がBIRDのテキストに取り組んでいます。BIRDは英単語の語彙を増やしていくテキストです。1日分で5単語前後新しいものを学びます。その順番はアルファベット順ではなく、フォニックスのルールに則ったグループ分けされた単語ごとに出
『BIRD』の画像

このLeptonのキャラクター、可愛いですよね。子供心をグッと掴む素晴らしいデザインだと思います。Leptonを導入する際の理由の一つにもなっています。キャラクターはこのELEPHANT以外にもテキストの進度別に11のキャラクターがあり、本部が開催した人気キャラクター総選挙でE
『ELEPHANT』の画像

↑このページのトップヘ