タイトルは英語ではなく
ドイツ語で ライゼン と読み
「旅」を意味する単語です。


ふと、教務の酒井が
8月末の休みに富士山に登ってきた
という話を思い出して
このタイトルに…。


というのも、
私が大学生の時に所属していた旅行サークルが
なぜかサークル内で3つの班に分かれており
その中で所属していた班の名前が
ライゼン
だったのです。


3つの班というのは
その旅行の傾向ごとに分かれていて
ライゼン班というのは
アクティブなことをしに旅行する班でした。


具体的には
バンジージャンプや
パラグライダー、ラフティング、
ケービング、シャワークライミング、
ハイドロスピード、キャニオニングなどの
アウトドアレジャー
と言ったら良いのでしょうか?
を行なっていました。


そして
毎年夏の終わりには
富士登山
がありました。


しかし、私は富士山に登ったことがありません!


実は中高生の頃
毎年の校外学習が登山で
その経験から登山が大の苦手なのです😂


登山をしてみて
森の植物に触れたり
普段は目にしない虫を見たりなどの経験は
とても良いものであったと感じていますが


どうしても
もう2度と山には登りたくない!
と思いがあるのです(笑)


登るのは良いのですが
降るのがどうにも…😅笑


ですから、その富士登山も
毎年誘われてはいたのですが
断固として参加を拒否し続けました😅


今振り返ってみると
1回くらいは行っておけば良かったかな〜
とも思う富士山。


いやいや、基本的に体力はないし
偏頭痛持ちであったり低血圧であったり
高山病になる自信もあるし
行っていたら絶対に迷惑をかけていた…!


とすぐに思い直しはするのですが(笑)


だけれど、富士登山と聞くと
やっぱりなんとなーく

行っておけば良かったかなぁ
挑戦してみれば良かったかなぁ

と、浮かぶのです😅


何事も
やらないで後悔より
やってみて後悔する方が良い
ということなのかもしれません💡


今はそれでも
やっぱり無理!
という気持ちが勝ちますが(笑)


いずれ、挑戦しに行くかもしれないです😁


FullSizeRender