中学生でLeptonって意味があるの?
と質問を受けたことがありました。


答えはもちろん
あります!


むしろ、学校での文法学習が始まる中学生になってからが本領発揮だと思っています。


Reading,Writingは主に学校で
Listening,Speakingは主にLeptonで


と、
一気に英語学習を進めることができるから
です。


そもそもLeptonを続けていることで

発音への自信
周りにリードしているという自負
英語へのプライド

を持つことが出来ると感じます。


何事も後ろ向きでは上達しません。
英語に対して前向きでいることが出来る。
それだけで、Leptonの意味があります。


そして
以前も記事にしたことがありますが、
小学生のうちから繰り返し口ずさんで来たフレーズに、文法的理解が重なるのです。


こういう仕組みだから、こう表現します。
と文法と表現を同時に覚えるのではなく


「あれってこういう仕組みだったのね💡」
と文法を捉えることが出来るので
日本語の学習と同じ順番で
英語の学びを深めることができます。


これは、2020年英語教育改革の狙いと同じかもしれませんね💡


また、
実際にコミュニケーションでよく使う英語表現
を習得することができる
というのも、Leptonの良いところ。


例えば、教室に貼ってある

Can I have some Lepton paper?

テキストでCan I〜?の表現を練習した生徒さんはもちろん、他にもこのフレーズが身体に染み込み始めている生徒さんも多いと思います。


「これをください」
と言いたい時

Can I have 〜?がパッと出てくれば
あとは大丈夫。


これをください、だから、私は、これ欲しい、だから、えーとえーと…I want…?


大抵の中学生かこう表現してしまうと思います。


毎週繰り返し声に出して練習していることで
パッと頭の中で
音を思い浮かべることができるのです。


このスキルは会話だけでなく、テストでの英作文やリスニングにも役立つはず!



区立中生は特に、部活と科目の勉強で忙しい日々だと思います。
が、息抜きがてら週に1度、50分だけでも
科目英語にとっても良い影響を与えますよ❣️


私立中生は差し迫る大きな試験がない分、自由な時間が多少ありますね。
是非その時間を生かして、週2回の通塾でどんどん英語を身体に染み込ませてゆきましょう❣️



春の入会キャンペーンも実施しますので
新学期を迎える前に、
是非一度ご相談くださいね😊




IMG_9285