今日もドタバタと一日が過ぎ去りました…💦
午前中に中学受験ゼミをいくつかこなすと、お昼にはすでにクタクタです(笑)

予防のためにマスクをして伏し目がちになると、怒っている様に見えるらしいのですが、全くそんな気はありません!🙅‍♀️
体力が乏しくて本当にすみません🙇‍♀️💦



そうそう、
なんと珍しく英語の授業を受け持ったりもしています💡


改めて、
小学生のうちからLeptonを始めている事
できれば中学へ上がる前にROBOTを卒業していると、それだけでかなりのアドバンテージが取れるのだなぁと感じています🤔


三単現のS、複数形のS
5W1Hの使い方
現在進行形
命令文


文法事項として解説されることはありませんが


繰り返し口にした経験があったり、
耳に馴染みのある言葉である

また、
それを使う場面を想像することができる


これらが前提に存在するだけで、染み込み方がかなり変わると思います。


また、フォニックスを身につけていることで、

あれ?このスペル、何か違う…

と、自分のスペルミスに気づくことも出来る様になります。


実際にLeptonのレッスンでもスペルミスはよく起こりますが

読んでごらん?

と促すと

あ!

と、気づくことが出来る子がほとんどです。


はじめは気づくことが出来なくても、Leptonのレッスンを継続しているうちに、自然とそういった能力が育っているのです。



DOGシリーズが4冊
Phonics Alphabet 1冊
BIRDシリーズが6冊
ROBOTシリーズが7冊

ここまでで合計18冊。

ほとんどのテキストが1冊につき8日分のカリキュラムが組まれていますので

週2回の通塾で 18ヶ月
週1回の通塾で 36ヶ月
=1年半〜3年

ということは、
小学3年頃から始めていると、
良いペースで進めることが出来ますね💡


もちろん、ROBOTの先にもシリーズがありますので、早く始めれば始めるほど、周りとの差をつけることができます。



とはいえ、中学生になってからLeptonを始めるという生徒さんも沢山いらっしゃいます。


その場合は少し早めのペースで進めたり、飛び級などの対応を取ったりと、その子にとって一番効果的な方法でレッスンを進めてゆきますので、ご安心ください👌


"学ぶ"ということに、
遅いも早いも無いと思っています。



講習ではこういった事に改めて気づくことが出来、私達にとっても刺激的な期間です💡


読む、聞く、書く、話す
本当に大切です❗️